私の好きな家づくり

d0013610_13173231.jpgお客様と一緒に、IHクッキングヒーター料理教室に行ってきました。
当社では、新築工事でIHクッキングヒーター購入予定のお客様がいると、
お客様のご希望により、料理教室に同行しております。

我が家でもIHを使っていますが、使い勝手は物凄く良い。


けれど、初めてIHを使うかたにとっては、
使い慣れたガスコンロを止めて、新しい設備に慣れるまでに時間が掛かります。
そこで、東京電力の方よりも詳しい説明をしながらIHに慣れてもらっています。
d0013610_13171852.jpg
IHの利点は

1:掃除をしやすい
2:熱効率が良いので調理時間を短縮出来る
3:天板上をまな板代わりに使える
4:作業台にもなるので作業動線が少なくて済む
5:両面焼きの魚焼なので、魚汁が落ちないのカリット焼ける

欠点と言えば
1:電磁波を相当気にする人には不向き
2:使える鍋(ステンレス)と使えない鍋がある
3:調理時間が長いと、電気代が高くなる
4:契約電力を高めに設定する必要有り=電気の基本料金が高くなる

余談:電磁波の多く出るのは・・・
IHクッキングヒーターが30ミリガウス
ドライヤーが20~500ミルガウス
電気カーペットが100~200ミリガウス
電子レンジ40~80ミリガウス
テレビ1~20ミリガウス
[PR]
# by nezumifour | 2006-04-07 13:17 | Comments(2)

私の好きな家づくり

OM多摩会議に参加してきました。
この会議は、二ヶ月に一回OMソーラー協会加盟の多摩地区工務店が集まり、
勉強及び情報交換をします。

主に経営者が集まる会議ですが、私はいつも参加させていただいております。
通常の業務とは異なる、経営者のビジョンを体験する事が出来ます。
自ら学ぶ事も必要ですが、謙虚な気持ちを持って
よき先輩達に学ぶ事も大いに必要な事です。

尚友 孟子「万章下」
[PR]
# by nezumifour | 2006-04-01 14:15 | Comments(0)

私の好きな先生

今晩、大学時代の恩師(藤沢 好一 先生)の最終講義に行ってきます。
私は、学生時代に二年間お世話になっただけなのですが、
先生の人柄のせいか、未だに会うのが楽しみな、大好きな先生です。

本音を言いますと、授業は・・・少々、眠い。
というのは、先生は顔もしゃべり方も、「筑紫 哲也」にそっくりなので、
ニコニコしながらの優しい口調に、いつも ‘うっとり’  ‘こっくり’ してしまいます。
今日は最後の講義なので、聞き逃さないように真剣に受けようと思っています。

それと同時に、学生時代の同輩、先輩、後輩に会うのも楽しみです。
普通の研究室と違って、藤沢研究室では最低でも年に二回、泊りがけの合宿を行います。

一回目は、岐阜県加子母村で行う「木匠塾」
:木造建築を愛する大学の研究室が集まり、地元材を活用させていただき、
各大学ごとに木造建築を造ります。
私が参加した時は、仕口・継手を手刻みで加工し、
四畳半の構造体と、翌年はこれをさらに加工してマージャン小屋を作成しました。
夏季休暇を利用して、研究室の先輩後輩と協力しながら、
ひとつの木造建物を作る機会を与えられます。

二回目は、葉山でのゼミ合宿
:卒業論文や修士論文の指導を受けるために泊り込みます。
昼間は、先生の指導を受けながらパソコンとにらめっこしたり、チームで相談をしたりします。
夜は、毎晩飲みます・・・(通称:藤沢研究室=飲み研)
その間、先生の誕生日があり、先生に気づかれないように合宿所を抜け出して、
後輩たちとケーキを買いに行ったなぁ・・・
懐かしい

こういう経験をすると、先生とも生徒間でも絆も深くなります。
それだけでなく、研究室には先輩が造った
木造のロフトに寝具までありました。
いつでも宿泊可能!
よく研究室で飲んだなぁ・・・

今日は、そんな先生と仲間に会えるのが楽しみです。

そして、先生、長い間お疲れ様でした。

元気いっぱいの学生達と、いつも真剣に語り合い、面倒を見てくれました。
ありがとうございました。

日本の木造住宅を担う工務店の、‘影!?’の支援者としてのお仕事もお疲れ様でした。

先生のことですから、ゆっくり休む・・・ってわけにはいかないと思いますが、
体を労わって生活してください。
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-25 13:13 | Comments(2)

私の好きな家づくり






会社のトイレの換気扇です。
d0013610_15334343.jpg

常時換気として使用していたのですが、
わずか一年半でこんなに汚れたことに驚きました!
汚れの内容はほこりと煙草のような気がします・・・。
会社での喫煙比率は禁煙:喫煙=2:4(一ヶ月前までは3:3でした)
社員全員がこんなに汚れた空気を吸っているなんて!!!

喫煙はマナーを持って
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-23 15:33 | Comments(0)

私の好きな和菓子

18日から彼岸入りしました。
なので、ボタモチを20個ほどつくりしました。
いつもは、小豆を一日前から水で浸しておいて、翌日煮ます。


何気なく小豆の煮方を読んでみたら、
小豆は水に浸さずにいきなり煮てよいとのことです!
よく考えれば、おたふく豆や大豆に比べれば、小さい豆なので
d0013610_19231348.jpg
水に浸す必要はありませんよね!

それから、豆知識を仕入れました。
今は3月の彼岸、「ボタン」の咲く季節なので「ボタモチ」といます。
そして、9月のお彼岸には「ハギ」が咲くので「オハギ」というそうです。
デパートで確認したところ、確かに「ボタモチ」と売り出していました!

ちなみに、私が作ったぼたもちは、自分好みの甘さで美味しかった!
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-20 19:25 | Comments(0)

私の好きな空間

下の写真は先日行った美術館で取りました。
少々画像が荒いのですが、通路に紐で結わいた石が置いてあります。
何も表記してなく、柵も無い。
けれど「この先立入禁止」とわかります。

d0013610_18121682.jpg


一方で下の写真は、八王子市内で撮りました。
どこに何の店があるのか、誰にでもすぐにわかります。
けれど景観は美しくありません。

人と対話する時、何かを伝える時に言葉を使うと、解りやすく便利です。
けれど、何でも文字にするのではなく、物をみて
‘感じさせる’‘読み取らせる’表現方法も大切かなと考えました。
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-14 18:12 | Comments(0)

私の好きな家づくり

今月初旬にリフォームの完成した家です。

居間の珪操土は全てお施主様が塗りました。
塗り方の一日体験をしたとは言え、
プロ顔負けの技量で驚きました!


d0013610_15415659.jpg


▲左上:神棚   
 右上開口部:洗面脱衣室の湿気をこもらせない為の欄間。
 お施主様の発案です。



d0013610_1542937.jpg


お施主様が楽しそうに家づくりに参加しているのを見て、
改めて「家づくりを仕事にしていてよかった」と感じました。

珪操土塗りお疲れ様でした!
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-09 15:42 | Comments(0)

特別ヴァージョン

春ですね♪

今朝の通勤は、昨日より一変して
黒コートの人から、白コートに衣替えした人が増えていました。
今のところ 黒:白=7:3

まるでオセロ!
明日は 8:2 位になるでしょうか?

さて、後半戦(午後の業務)開始いたします!
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-08 13:11 | Comments(0)

私の好きな家


先月末、OMソーラー+太陽光発電の家が完成しました。
お施主様がこだわっただけあって、随所に工夫が見られます。

d0013610_1853199.jpg

階段収納:一見見落としてしまいそうなところに
引き出し有り!




d0013610_18533996.jpg

床下収納:昔の家で床下収納と言えば、
床板を外すだけでしたね。当社は厚さ
30mmの桐板を使用するため
こんな床下収納も作れました。
懐かしい

d0013610_1853482.jpg

[PR]
# by nezumifour | 2006-03-07 18:54 | Comments(0)

私の好きな家づくり

当社の社員の地元で、建物は老朽化しているが、
新築当時からの住人が立ち退きしないために、立替ができないという話をしました。

それで思い出したのですが、

 「減 築」 という言葉を聞いたことがありますか?

新年に新聞で取り上げられていました。
「ドイツでは、5階建のマンションの4,5階を切り取り、3階建にする。並んだ3棟のうち真ん中を緑地化する。ポツンと残された家屋を移築し、一帯を森にかえす・・・(朝日新聞)」
といったことをしているそうです。
まちづくり、家づくりに関しては海外に学ぶことが多くありますが、こんな発想も面白いなぁと興味を持ちました。

ドイツでこの発想が生まれたのは
人口減少社会→空家率の増加→町のスラム化や高齢者の単身生活
といった問題の解決策になるのではとのこと。

立ち退きにあって自分の住処が無くなってしまうのは悲しいことです。
けれど、「減築」であれば、住人も協力してくれるのではないでしょうか。
日本もドイツと同様な問題を抱えています。
すでに2年後をめどに「減築」の動きが出ているようですが、ドイツに学びこの動きを実行できるか今後の動きを注目したいと思います。
[PR]
# by nezumifour | 2006-03-04 19:10 | Comments(0)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧