<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

介護


d0013610_14481525.jpg












▽前菜で1杯飲めそうなほどの、バラエティの多さ。
d0013610_14482190.jpg












▽サラダは3人前の量。
ロメインレタスを舟のようにして、山盛りのサラダ。
d0013610_1448276.jpg












▽自家製の太めの麺のスパゲッテイ。パンも付いています。
d0013610_1448339.jpg













▽見ているだけで楽しい気分になるデザート。
(半年前に伺った時は、
もう少し前菜とデザートの量が多かった気もするが・・・)
d0013610_14484081.jpg















ミニ引っ越しをして、実家にて親と同居となりました。
先週同居が決まり、今週引っ越しというスピードです。
理由は介護です。

これまで、介護を他人ごとのように感じていました。
まさか、自分が親の介護をしようとは、
夢にも思っていませんでした。

仕事で介護保険による
住宅改修やユニバーサルデザインによる住環境向上に努めてきました。
実際に、介護することになり、
改めて住宅内部のことを見回すと、
ここに手摺があると便利、
和室の段差は障害になる・・・と仕事目線になっています。

一方で実際に親に使いやすい手摺や段差解消の話をすると、
断固一徹、不要とのこと。
手摺は「壁を伝った方が、どこでも支えになって便利」
段差は「多少の障害で、リハビリになる。」とのこと
この世代は、頑張りすぎるから・・・とも思いますが、
もしかすると手摺も段差解消も過剰な装備かも?
被介護者それぞれに、使い勝手があって、
なんでもかんでもマニュアル通りに薦めるのは、
返って危険があるように思えました。

親の介護を見守りながら、
ユニバーサルデザインの原点を考えてみたいと思います。

写真はお気に入りのお店のお気に入りのメニューです。
アンティークなインテリアに、自宅から徒歩5分。
食欲旺盛な私にちょうど良い量
(多分、一般人の1.8倍の量)のコース料理で
お気に入りのお店でした。
お気に入りだったお店で食べ納しました。
「Lioyd‘s(ロイズ)」
http://gourmet.walkerplus.com/114005532001/
[PR]
by nezumifour | 2012-05-03 14:26 | ふと・・・考えたこと。 | Comments(0)

内部

▽2階のガランドウの様子。
外周部は耐力壁(モイスTM)の裏面、
床は床倍率の取れる剛床が見えています。
d0013610_14462674.jpg












▽2階のガランドウの様子。
外周部に断熱材が入り、気密シートまで
貼られています。
屋内の湿気は気密シートで壁内に入るのを遮ります。
d0013610_1446328.jpg












▽2階のガランドウの様子。
床貼りレッドパイン(塗装品)が貼られました。
節はあれども、仕上がりはとても綺麗です。
d0013610_14463736.jpg
[PR]
by nezumifour | 2012-05-01 12:45 | 奏でる箱 | Comments(0)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧