<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

読売新聞 緑のカーテン

昨年の猛暑を思い出しながら
今年の電力量不足を想像すると・・・
とても恐ろしいです。

昨年まで我が家はエアコンの無い生活を
してきました。
暑いときは、薄着で汗をかき
時には冷凍したタオルを首に巻いて
過ごすことも。
いずれにせよ我慢して数ヶ月過ごせば
気づけば秋でした。
しかし、昨年からは私ですら
冷房に頼らざる得なくなりました。

今年の夏が恐ろしい!
家庭で工夫の出来る冷涼感方法ありましたら
コメントお待ちしております。

読売新聞 2011年4月30日 朝刊にて
「緑のカーテン」の記事が掲載されました。

5月7・8日弊社の 『Oh! 豆な家』 完成見学会開催時には
緑のカーテン用ゴーヤの苗をプレゼントいたします。
ご参加下さいませ。
d0013610_1341678.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-30 13:12 | その他 | Comments(0)

イチゴが安い

我が家が毎週通うスーパーにて
イチゴが1パック198円でした。
小粒ですが、ジャムづくりには最適。
2パック買ってジャム作りに挑戦。

レシピ:
グラシュー糖をイチゴの3割の重量用意し
一緒に煮る。 
以上です。

d0013610_1652718.jpg












d0013610_1624012.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-28 16:04 | 私の好きな食べ物 | Comments(0)

八王子 家具屋さん

「Oh!豆な家」の家具は
八王子市四谷町の家具屋さんが
つくって下さいました。

工房を拝見!
工房内は材料や工具が整然と並んでいて
几帳面さを伺えます。

d0013610_1315784.jpg












細かい面取りに使うルーター(トリマー)の刃を
沢山見せていただきました。
DIYの本場、アメリカ製だそうです。
最近はシンプルな造作が潮流なので
使うことがあまりないようで残念です。
d0013610_13151682.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-26 13:07 | Oh!豆な家 | Comments(0)

「Oh!豆な家」仕様のキッチン

「Oh!豆な家」仕様のキッチンが設置されました。
水栓やコンロはまだこれからですが
全体像が見えてきています。

コンロは背面に
シンクは対面式となります。
d0013610_13114199.jpg


















地震時には扉が開かないように
耐震金物「あかべぇ」を付けました。
取手の上にあるボタンを押すと
開閉できます。
d0013610_13115136.jpg













d0013610_13124720.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-25 13:13 | Oh!豆な家 | Comments(0)

大月 吉田うどん お見舞い

何がメインで遠出したのか解らなくなってしまいましたが
お見舞いついで?に吉田うどん「こみや」
いってきました。

我が家好みの「こし」のあるうどん。
味が少し濃いようにかんじましたが
おいしく戴きました。
近所の常連客が多いようです。

d0013610_12585973.jpg
















d0013610_1259922.jpg













ゴールデンウィークには「一家族一旅行」運動に貢献する予定です。
過度な自粛にならないよう、日本の経済が少しでも回転するよう、
我が家のささやかな行動です。

◆◆休暇情報◆◆
福安工務店は5月1日から5月5日まで
休暇とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが
宜しくお願いいたします。
[PR]
by nezumifour | 2011-04-23 17:46 | ここはどこでしょう? | Comments(0)

ドミノ研究会「使える写真の撮り方」 兼 報告書2

ブログを意識してメモした
勉強会のノートです。
ブログ表示するほど立派なメモではありませんが
拡大しますと、詳細が見れます。

d0013610_13314583.jpg






























d0013610_13332621.jpg






























d0013610_13333663.jpg






























d0013610_13334524.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-22 09:32 | 講習会 | Comments(0)

ドミノ研究会「使える写真の撮り方」 兼 報告書1

住宅づくりで良い技術を持っていても、
伝える技がなくては・・・・との事で
今回のドミノ研究会では「伝える技」を学習。
()内:「伝わる写真が撮れる本」参考ページ

1:露出
2:明るさ光のバランス
3:アングル
4:演出
5:ホォトショップの活用
という段階的な解りやすい講義でした。

1:逆光の時は露出をプラス側にすると良い
2:明るさはWB(ホワイトバランス)で対応。
私の使うパナソニック リミックスにて
WBを調整しながら撮影。
写真上から
AWBマーク
d0013610_12595766.jpg













日陰マーク
d0013610_1301790.jpg













白熱灯マーク
d0013610_130371.jpg













チューリップマーク
d0013610_1305266.jpg













チューリップセットマーク
d0013610_131621.jpg












これほどまでの色合いの違いが出ます(P76)


3:被写体に真っ直ぐ向かい、
アングルは画面左右二ヶ所が垂直になるようにキープ(P47)
主張したいポイントは二から三ヶ所まで。
6・4と7・3の法則等々(P37)
詳しくは
「伝わる写真が撮れる本」
「理想の写真が撮れる本」渡辺慎一著

書籍の熟読は回避して
ひとまずは本日の講義を実践あるのみ!
[PR]
by nezumifour | 2011-04-21 12:57 | 講習会 | Comments(0)

浮き床、ベッド

前回の「Oh!豆な家」のクイズの場面は
二週間でこのように変化しました。
まだ、何か不明かもしれませんが
ほぼ完成です。
d0013610_9262916.jpg













ヒントはこの写真かもしれません。
「Oh!豆な家」には三つのベッドがありますので・・・。
d0013610_9271925.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-18 11:59 | Oh!豆な家 | Comments(0)

浮く○○○

宙に浮くこのスペースは何になるのでしょうか?


d0013610_1342043.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-16 09:24 | Oh!豆な家 | Comments(0)

永田昌民先生設計スクール第三回 (兼:報告書)

「施主インタビュー、プレゼンテーションの仕方」を学びました。

永田先生のプレゼンテーションのフローをまとめると
以下の様です。
()内は私が置き換えた言葉

1:敷地を読む
半日かけて、人が多く居る休日に敷地に立ち、
日光、風、隣地の条件等を読む。

2:敷地を見た後に施主の要望を聞く。
(こちらも読む)施主の 目を見る。
(心を読む。経験や人間性が必要)

3:持ち込み家具の確認

4:そして模型や図面でプレゼンテーションする

5:最終的に、設計を
「お任せ(信頼関係を結ぶ)される」
というプロセスとのこと。

3までは、弊社の家づくりのプロセスと似ています。
施主の要望(好み)を探るのに趣味の話をしたり
家具の採寸、
押入の使い方、
使用している収納の容積を確認する。
片付け上手かどうかは乗ってきた車の中の様子から読み取ったり
見学会や打ち合わせに来る服装や色等もチェックしています。
私なりに、大先生と似たプロセスに大喜びしたのですが・・・。

5の「お任せ(信頼関係を結ぶ)」
このお任せが一番難しく、
ここが永田先生の人間性なのではないかと同時に
設計スクールだけでは学びとれない
先生の歴史、奥行きを感じました。

自分自身を磨く事で身に付く人間の奥行き
一番難しい部分です。

経験も必要ですが
今の自分の立場(子育て多忙中)で出来る事とは
身の回りのスケール
空間
気持ちよいと感じる瞬間を
五感を使って観察、意識することかなぁと。
自分自身が生活者だから、出来ること。
住宅づくりには重要な事だと感激しながら帰宅しました。

d0013610_17662.jpg
[PR]
by nezumifour | 2011-04-14 17:07 | 講習会 | Comments(0)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧