<   2010年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一石三鳥-3

OMソーラーの講習会でもお会いすることのある
永田 昌民先生や
伊礼 智先生の著書を熟読しました。

「小さな家」といえばル・コルビュジェの設計が有名ですが
こちらは日本の「小さな家」を内容にした本です。
先生方の住宅に対する優しい考え方を学べる、
専門的過ぎず馴染み易い本でした。
d0013610_1524327.jpg












「外断熱が危ない」
西方里見 著
エクスナレッジ 発行
こちらも熟読。
お客様から「外断熱は施工しませんか?」と
聞かれることもしばしば。
これまでは辞書代わりにこの本を使っていましたが
改めて読んでみると、弊社の考え方に近いところもある。
弊社では、断熱材の適材適所を考えて屋根・壁・基礎にそれぞれ
異なった材を使用しています。
それに加えて
断熱材はコレしか使いません!と断言するでなく
お施主様の断熱のこだわりが何なのか、
性能・自然系・金額等のご要望に応えるように考えています。


d0013610_15369.jpg








◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-27 18:57 | 子育て・家づくり | Comments(0)

銀メダル

浅田真央選手を応援していました。

一年前のインタビューで
バンクーバーオリンピックまで
「あと一年しかない・・・」というコメントを聞きました。
一年って、私にとっては色々な事にチャレンジしたり
経験ができる長い一年なのに
浅田選手にとっての一年は短いのか・・・。
と、価値観の違い
それでいてオリンピックへの意気込みを感じたことがありました。

世界中の人が見ている中で
銀を取れたことは、祝福に値すると思います。
けれど、本人の「悔しい」というコメントを聞くと
こちらも、悔しい気分になってしまう。

一年を短いと感じるほど集中して練習・努力して、
このオリンピックを向かえ、それでも
演技に納得していない浅田選手のコメントは
「今日、何か成し遂げたっけ?」と
一日をあっという間に過してしている自分に
より頑張らなければいけない
勉強しなければいけないことが山ほどあるのではと
カツを入れざるを得なくなります。

▽どこかの美術館
パーゴラが素敵でしたので撮ってみました。
d0013610_19482113.jpg











◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-26 19:43 | その他 | Comments(0)

LDK

リビング・キッチン・ダイニング
ここは一部屋ずつ考えるのではなく、
一つの空間としてまとめて考えたい場所。

下記は、福安工務店で家づくりをしてくださった方々の
主な要望です。

子供の気配を感じられる
子供と一緒にキッチンに立つ
家事をしながら子供の宿題を見たい
回遊できるスペースが欲しい

共通して計画するのが、
ダイニングにつくる多目的カウンターです。
直ぐに手が届く場所に本棚があって
家族で共有するパソコンがあって
時にはお菓子作りも出来るカウンターです。

▼(写真右端)
一番人気はナチュラル・ハウスの
サッシ下壁厚を利用した本棚のある
カウンターです。
d0013610_2258422.jpg
[PR]
by nezumifour | 2010-02-25 22:56 | 子育て・家づくり | Comments(0)

坂倉 準三氏 設計

・・・思い切って遠出して以前から気になっていた
ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」に行ってきました。
元々は世田谷にあった坂倉準三氏が設計した
建物を移築したレストランです。

d0013610_18511325.jpg











食後に客足が途絶えていたので
全客席を見せていただけました。

私達が食事をしたのは炉の切ってあった茶室。
低めの天井なので、
土足用に床が改築されていたものの椅子は低め。
部屋の二辺が窓で、そこからの眺めは抜群です。
暖かい部屋の中から、
雪を被った浅間山が美しく見えました。
d0013610_185604.jpg











一番広い客席になっている
旧リビングからの眺めもさることながら
中二階の書斎として使われていた個室では
目の高さに高木の葉の部分が見えて、
この部屋の眺めも◎。
お腹と頭に良い栄養を与えて来ました。
◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-23 20:55 | 私の好きな家づくり | Comments(0)

お施主様のアイディア

N.Y.Room'sのお施主様のアイディアを紹介いたします。

最近では、よく提案されるようになりました。
ニッチです。
玄関や階段の飾り棚として
居室の目覚まし時計や携帯置場として
計画されています。
d0013610_8312114.jpg











写真の中央の壁に小さい窓が見えますか?
小さなお子様のいらっしゃるN.Y.Room'sでは
トイレの照明の付けっぱなしをリビングから
確認できるようになっています。
d0013610_8313232.jpg












この写真から何を想像しますか?
夏の採風の為のスノコです。
二階から小屋裏にある天窓への
風の流れを考えています。
d0013610_8314089.jpg











◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-22 08:37 | N.Y.room's | Comments(0)

一石三鳥-2

病院の待ち時間をつぶす為に読もうと
たまたま相方の読みかけの本を借りました。

d0013610_19392450.jpg











なぜ、「できる人」は
「できる人」を育てられないのか?
吉田 典生

本来は経営者や管理職が
部下を育てる時の障害解決策として読む本のようです。

しかし、見方を変えて読んでみると
内容の濃い、組織の中で仕事をしていく上で重要な要素が
書かれていることに気づき
暇つぶしどころか最後まで読んでしまいました。

・・・「できる人」が「できない人」を育てる時に感じること
自分でやったほうが早い→仕事のブラックボック化
このことは、仕事の「見える化」と相反している・・・

これは、日本の伝統技術が継承されない理由
(建設業に置き換えれば若い大工さんが育たない理由)
になっているのでは?
伝統技術を活かせる現場が少ない実情も有りますが
教えることは教わることにもなるので共感しました。
自分としては、「見える化」を、社内の「共有情報」と考えて
仕事をしているつもりです。


「できる人」は「できない人」のために
話のレベルを下げることで、解り易くしてあげてるつもりになる。
これは、自分で決めた「わかりやすさ」の危険・・・

「できる人」を「家づくりのプロ」
「できない人」を「初めて家づくりをするお施主様」と
置き換えます。
私たちは、お施主様に家づくりの相談に応じる時に
自分なりに解り易く説明しているつもりになっています。
「わかりやすいか否かは相手が判断すること」
このことは物凄く重要なことです。

・・・言葉だけで情報発信している人は皆無。
言葉に表すことのできない情報を、他の手段で
発信しています。・・・

そうそう、そこが大切なのです。
家づくりの打合せでは、施主の顔色
服装、家以外の興味、趣味、話し方
そういった総合的な要素を身に感じて
家づくりに携わっているのですっ!と、
筆者に共感してしまいました。

平日の夜も本日20日も御来場戴けているようです。
明日21日まで開場します。
天気も良さそうですし、ご来場をお待ちしております。
◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-20 19:49 | 私の好きな家づくり | Comments(0)

節水トイレ

2月17日読売新聞朝刊の記事です。

d0013610_13392474.jpg





















各メーカーの洗浄基準は6リットルのように
感じていました。
今回の記事ではそれを上回る
4.8リットル(TOTO)の便器も載っています。

家庭でのトイレ洗浄水(28%)の使われ方が
風呂(24%)よりも多いというのに驚きです。
用途別の水の使われ方を考えた場合
生理的にトイレに行く回数は減らせないので
技術の進歩に頼るしかないのはトイレだけです。

この節水で、汚れや水垢に影響が出るかの検証は
気になるところ。

いつか建てたいと思うわが家では
水や電気(暖房)の技術の有難さを子供に感じさせる為
あえて、シャワー水洗や暖房便座の無い
不便な便器を付けようと考えていました。
最初に不便さを感じていれば
自ら便利さを考える力を身に付ける機会になると同時に
節水型に交換したときに便器技術!?の有り難さを感じるのでは?

しかし、この記事のように節水になるのなら
初めから節水型トイレを付けるほうが
水を無駄使いしない環境教育として良いのかもしれませんね。

◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-19 14:14 | 家づくりNEWS | Comments(0)

視察

2月に入ってから1日30分の散歩で
出産に備えていました。

ところが、お客様から
「もっと沢山歩いたほうが健康にも良いし安産になる」
と伺ったので、早速、1日2時間を目安に散歩しています。

ただ散歩するでなく
目的地を定めた散歩です。

目的地
1日目ドーナツ屋(ドーナツ五個購入)
2日目ケーキ屋(ケーキとクッキー購入)
3日目喫茶店(ケーキセット購入)
4日目パン屋(菓子パンとフランスパン購入)

これでは健康どころか肉付きが良くなってしまうと
心を入れ替えて
本日は住宅展示場に行ってきました。

同業者お断りでしょうから謙虚な気持ちで、
環境への配慮の仕方
メンテナンスのこと
子育て世代の家づくりの間取りの特徴
そして、話術を学ばせて戴きました。
(丁寧に対応してくださった展示場の方、ごめんなさい)。

記念に外構の写真を一枚。
軽い傾斜を利用して、低木と高木をうまく組合せ
目隠しに角材のある外構が素敵でした。
d0013610_20574251.jpg
[PR]
by nezumifour | 2010-02-18 20:57 | 私の好きな家づくり | Comments(0)

補助金 減税 住宅ローン 

八王子での建設を基本とした住宅の
補助金や減税、住宅ローンの情報を
更新しました。

年度末のこの時期は
議会で討論した予算案が決まらないと
補助内容は予定の項目が目立ちます。
現在は補助期間のハザマの状態になっています。

来年度の予測ですが
国でも地方でも環境意識が高いことと
景気対策や内需拡大を目指すことから
様々な補助金が出ると思われます。

詳細は福安工務店までお問い合わせ下さい。
0120-890-333
◆◆イベント情報はコチラです◆◆

d0013610_18332156.jpg
[PR]
by nezumifour | 2010-02-16 18:34 | 家づくりNEWS | Comments(0)

一石三鳥

マタニティヨガのポーズをしながら
胎教として本を声を出して読む
読む本は建築系
一石三鳥の生活をしています。
d0013610_19362833.jpg


読んでいる本は下記です。

「良い建築を安く」は実現できる
桑原耕司 著
ダイヤモンド社

十年近く前に書かれた書籍であったため
時代遅れかなと思いつつも読んでみました。
主にゼネコンが建てる建築物を対象にした内容でしたが
一部には工務店の住宅に関する内容も有り。

この本のタイトルを実現するには
設計者・施工者そして建築主の三者が持つ
それぞれに問題があり、解決すべきだと書いてあります。

設計者・施工者の問題点は業界の古い体質
未だにある談合・付き合い・値下げ競争等
(一言では書けないのですが・・・)
予算管理出来ない設計者

十年経った今も問題点は変わっていない
世の中の進歩の無さをふがいなく思うと同時に
時間はあっという間に過ぎていくのだと感じます。

◆◆イベント情報はコチラです◆◆
[PR]
by nezumifour | 2010-02-14 20:17 | 私の好きな家づくり | Comments(0)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧