<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

OM多摩会議

先日、弊社の会場でOM 多摩会議が開催されました。
いつも通りの白熱した会議内容でした。

現在受付中のOM ソーラーに対する
補助金・長期優良住宅の補助金・木造ドミノ住宅の現状等の
説明があり、最後に地球環境イニシアティブの方に
「太陽光発電の現状と課題」についてお話して戴けました。

地球環境イニシアティブの設立発起人代表が
サッカーの岡田監督
他に竹下景子さん長澤まさみさん等
若い人にも有名な人達が発起人になっている
ことでこの団体を身近に感じました。

地球環境の現状を国際規模で勉強、
研究した情報を与えてくれる団体と判断しましたが、
その勉強や開発をどのように世の中に還元していくのかが、
少々理解することが出来ませんでした。

ただ、せっかく知り得た情報網なので、
今後の活動を期待したいと思っています。
[PR]
by nezumifour | 2009-07-30 20:25 | 講習会 | Comments(0)

染付

久しぶりに博物館へ行ってきました。
東京国立博物館では「伊勢神宮と神々の美術 」と
「染付」の展示をしています。
各入場料は1400円1000円掛かりますが、
同時入場料ですと1600円!です。
これに惹かれて同時見学としました。

d0013610_8502675.jpg


興味のあるのは染付です。
コバルトの藍色を見ると心が落ち着きます。
空の色だからか、深い海の色だからでしょうか。
手で染付た名品は、藍色の濃淡で温かみも感じます。

今回の展示では、中国・ベトナム
朝鮮と日本の染付を一度に見ることが出来ます。
今も各国に受け継がれている絵柄や
親しみのある動植物が描かれ、
お国柄が出ていてとても見応えがあります。
展示は9月6日迄。
[PR]
by nezumifour | 2009-07-27 19:27 | その他 | Comments(0)

気密 通気 電気

「ビンテージ・ハウス」の現場の様子です。
先日もお伝えした
エアコンのスリーブ部分です。
これでもかというほど、コーキングが塗られていて
気密を確保しています。
d0013610_17423713.jpg



奇麗に塗られた
黒い炭の防蟻防腐材「ヘルスコ・キュアー」です。
外壁の下の通気を確保します。
d0013610_17424882.jpg


電気屋さんと現場で打合せをしました。
木造ドミノ住宅では電気工事と大工工事が
仕上がりに大きく影響します。
電気配線は配線長押と壁内の縦胴縁を利用して
なるべく露出しないように現場で知恵を絞って
配線経路を検討します。
d0013610_17425685.jpg

[PR]
by nezumifour | 2009-07-23 17:41 | ビンテージ・ハウス | Comments(0)

記事

先日の読売新聞朝刊の記事です。

d0013610_128357.jpg


「LED電球 競争過熱」と題して
家庭用電球の比較がされています。

計算1
記事にあるLED電球の寿命(4万時間)を基準にした
初期費用+維持費の計算が下記です。
白熱電球の総合的にコストが掛かることがわかります。
※4万時間とは・・・一日に6時間灯を灯した場合
約18年分になります。

LED電球・・・A
5,250円+3,608円=8,858円

蛍光灯・・・B
1,890円×6.67回交換+7,040円=19,646円

白熱電球・・・C
168円×40回交換+31,680円=38,400円


計算2
では、実際に照明器具を購入することを考えます。
記事によると、明るさを同じくした場合のW数を
LED電球:電球形蛍光灯:白熱電球
4.1W:8W:36W≒1:2:9
としています。

そこで、その比をなるべくぶれないように商品を選んでみました。
東芝ライフテック
5.3WのLEDダウンライト  LEDD80000SW-LS 23,940円・・・a
13Wの蛍光灯ダウンライト FLD-1351NMS     12,495円・・・b
40Wの白熱灯ダウンライト ID-7311NS         7,980円・・・c

上記の照明器具を仮に「計算1」とあわせて
4万時間(約18年間)あたりのトータルなコストを計算して見ます。
A:23,940円+3,608円=27,548円
B:12,495円+1,890円×(6.6-1)回+7,040円=30,119円
C:7,980+168円×(40-1)回+31,680円=46,044円

考察
18年間で上記の金額しか差が出ないのであれば
初期費用は掛かるが、LED電球をお勧めしたい。
特に年配者には、電球の交換する手間が少ないことを考えると
LEDのメリットがあります。

トイレや浴室、洗面所等の点灯時間が少ない箇所には
4万時間を使いきるのはかなり困難。
家の一生涯で1回も電球交換しないことも
ありうるかもしれない。
[PR]
by nezumifour | 2009-07-17 12:04 | 私の好きな家づくり | Comments(0)

CASBEE戸建て評価デー

本日は終日「CASBEE戸建て」の評価をしています。
性能表示制度の「省エネルギー等級」や
単純開口率(昼間の明るさの具合を測定)
等の時間のかかる計算は後回しにして・・・、
約1日で評価できます。

d0013610_16264689.jpg


さて、何故「CASBEE戸建て」の評価をしているかと言いますと
先日、国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」の
補助金にOMソーラーが採択されたからです。


補助条件の一つに「CASBEE戸建て」でAランク以上を
要件とします。
(C,B-,B+,A,Sランクがあり、Sランクが最高)

早速、対象物件の申し込みをするために
評価開始。

結果は無事に「Aランク」を達成。
評価が一番低かったのは
建設時~居住~改修・修繕~解体までの
住宅の一生の「ゴミを減らす取り組み」です。
課題が残りましたが、目標がはっきりしたのも
価値有りです。

「住宅・建築物省Co2推進モデル事業」補助金のエントリーは
期日:7月31日まで
補助額:平成21年度予算額:国費70億円
※長期優良住宅普及促進事業や先導的モデルとの併用が可能です。
[PR]
by nezumifour | 2009-07-16 16:26 | 家づくりNEWS | Comments(0)

工程

床貼り終了しました。
1階は多摩産材 桧無垢板
2階は信州産   唐松無垢板です。
d0013610_18155567.jpgd0013610_1816264.jpg








桧の板は、無節を選んだわけではいませんが
節が少なく大工さんが驚くほど良い材だそうです。

壁に気密シートを貼っても、
後からエアコンのスリーブを開けてしまっては
気密が切れます。
その為、打合せ時に予めエアコンの位置を決めて
実際に設置する予定が無くても
スリーブを設けておきます。
d0013610_18191576.jpg



サッシのシールの★★★★はLow-Eガラス
(旭硝子でいう、サンバランス)を使っています。
サッシによる冬の暖気の熱損失を抑えるため
北側の窓のみサンバランスを使っています。
d0013610_18193126.jpg

[PR]
by nezumifour | 2009-07-15 18:16 | ビンテージ・ハウス | Comments(0)

とんかつ

本日一人出勤です(もうじき社長も出勤)。
仕事は捗るのですが捗りすぎて、
体が付いてこないことが有ります。

自分にささやかながらご褒美ランチ
「まい泉」のカツサンドです。
とんかつ屋には「泉」が付く店が多いのですが、
何か理由が有るのでしょうか?
まい泉
井泉
豚泉…

d0013610_17144519.jpg

[PR]
by nezumifour | 2009-07-12 12:54 | その他 | Comments(0)

木造ドミノ 構造勉強会

本日は木造ドミノ研究会の構造の勉強会がありました。
木造ドミノの開発者の1人である
山辺豊彦先生の講義に60人近くの会員が集まりました。

d0013610_2319746.jpg


テキストは「ヤマベの木構造」エクスナレッジムック ¥3,800-
ドミノ住宅の「木造で大空間を作る」為の詳細技術を、
これまで以上に深く学ぶことが出来ました。

構造の本質を学ぶことは、
強度重視のシンプルなデザインでなく、
構造を維持しつつデザインの応用性が効く事もあり、
ドミノ住宅の将来性を感じています。

三時間ぶっつづけの勉強会の後は
懇親会を行いました。
韓国の造りの建物とあって
黒いレンガ(センと言ったと思います)や韓の古民具が
並べてあったりと、ここではインテリアの勉強しながら
それでも話題の9.9割はドミノの話。
美味しい料理を戴きながら
会員各社の、検討事項、質疑等を話し合い
意義のある懇親会となりました。

さて、記憶力テストです。
懇親会場「草門去来荘」さんで戴いたメニューは・・・
瓜のそうめん?
つくねや瓜?の椀物
さしみ(鯛、茄子・・)
てんぷら
・・・
冬瓜と湯葉
加茂茄子の田楽
ご飯と汁物、漬物
梅の羊羹

途中、何を食べたか記憶の無いほど、
ドミノの話で盛り上がりました。

全国の会員の皆様、今後ともお付き合いを
宜しくお願いいたします。
[PR]
by nezumifour | 2009-07-08 22:05 | 講習会 | Comments(0)

構造見学会終了

ビンテージハウスの構造見学会が開催されました。
建ててしまった後には見えなくなってしまう
構造、断熱や気密性能の重要な壁内部分を
見ることの出来る機会でした。

想像していたほど参加者は多くなく、
のんびりとした休日になってしまいました。
日頃、社員同士で家づくりをゆっくり語る機会がないので、
今日は家づくり談義で盛り上がりました。

自分が建てるならこんな家とか

最近は温暖化の影響で暖冬だし
OMソーラーもあるしで、
家は夏を旨にするを強調すべき

仕事で家づくりに携わっているものの、
実際に自邸を建てられるか等と

ライフスタイルは十人十色。
福安工務店としての目標があるものの、
社員同士が異なった目線で
家づくりを考えているのも時には勉強になります。

これはこれで良い時間を取れたと思っています。

8月22日
9月26・27日と毎月イベント・見学会は続きます。
今後のイベント情報をお楽しみに!
[PR]
by nezumifour | 2009-07-05 23:24 | ビンテージ・ハウス | Comments(0)

Q値(熱損失係数)

OMラボの社内での私の担当は
「木構造研究部」と「環境住宅研究部」になります。
本日は、「環境住宅研究部」の宿題をこなしました。

弊社で扱う建物の「Q値(熱損失係数)」を
計算することです。

Q値:住宅の保温性能を示す数値。
小さいほど保温性能が良い。

木造ドミノ住宅ではQ値を2.17W/㎡・Kと
しています。
これは、住宅性能表示温熱環境4等級
(2.7W/㎡・K以下 Ⅳ地域)を確保しています。

主に熱の移動量の多いサッシ部分の開口量で
Q値は大きく変わってきます。
そこで、「ビンテージ・ハウス」にて
実際のQ値を計算してみました。

結果 Q値:2.7W/㎡・K(性能表示4等級はクリア)

考察 各部位によるQ値の順位は小さいほうから
    屋根・天井・壁・換気・窓・床下となっています。
    
    外壁の断熱・気密よりも窓の性能の高さが
    家全体のQ値に大きく関係することがわかります。
    
    OMソーラーの基礎リストを使用した場合
    床下は外気に通じないので、もう少し
    数値が小さくなると思われます。


そんな、「ビンテージ・ハウス」の見学会が
下記日程で開かれます。

d0013610_18385330.jpg


◆◆福安工務店 イベント情報◆◆
7月5日
「ビンテージ・ハウス」構造見学会

[PR]
by nezumifour | 2009-07-02 18:38 | ビンテージ・ハウス | Comments(0)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧