<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

整理整頓

d0013610_944265.jpg

すっ素晴らしい現場です!
棟梁は2階で仕事をしているのですが、
1階ではこのように整理整頓されています。

段取りもよく、現場には資材が溜まることがありません。

例えば、サッシが搬送されてきたら、
搬送業者が取付位置にサッシを運びます。
棟梁は、その場でサッシを取付ます。

仮置き→大工の材運搬
常に上記の作業が省略されるのです。

高効率な仕事の仕方の勉強になります。

事務作業でも机の上が整理整頓されていると
「この机の持ち主は仕事が出来そう」
なんて思うのですが、
奇麗な現場を見ると棟梁の仕事ぶりに安心感が生じ
気持ちもよいものですね。

[PR]
by nezumifour | 2008-04-29 09:52 | 几帳面な家づくり | Comments(0)

夜桜

東京ではとっくに花見シーズンは過ぎていますが、
私の住むこの近辺では、今やっと盛りです。

近場の上田城址に夜桜を見に行ってきました。

桜は、花見の山場は越えて、葉桜・・・。
けれども照明デザイナーで有名な石井幹子さんがプロデュースした
桜は、光を放つエネルギッシュさを感じられ
とても豪華な感じがしました!
d0013610_15305995.jpg

[PR]
by nezumifour | 2008-04-24 15:35 | その他 | Comments(2)

構造用合板が貼り終り

外壁構造用合板の釘の打ち込みすぎの
耐力の低下は時々、話題になります。

一方で「几帳面な家づくり」の大工さんの
匙加減は見事です。
等間隔に、合板面でピタッと釘の頭を止めています。
おみごと!!!

d0013610_15213761.jpg

d0013610_15214848.jpg

[PR]
by nezumifour | 2008-04-24 15:22 | 几帳面な家づくり | Comments(0)

愛鳥が脱腸

5年飼っている愛鳥が、久しぶりに無性卵を生みました。
産後は体調が良くないことはいつもとおりですが
今回は、お尻に見慣れないものが有り
だるそうでしたので動物病院に連れて行きました。
d0013610_15585728.jpg

病名は脱腸。
十分なカルシウムが取れずに、柔らかい卵を生んで
力みすぎたとのことです。

獣医さんに、綿棒で腸を押し込んでもらって、一件落着。
(治療費¥5,400- チン)
今後の、対策は卵を生ませないこと。
d0013610_15593435.jpg

私を恋人だと思って頬ずりを頻繁にしていましたが、
その行為がお産を誘発させると・・・、禁止されました。
服の中に入れて遊ぶのも、巣と勘違いしてお産を誘発させると
・・・禁止。(羽が柔らかくて、とても気持ちが良いのですっ)
慣れていた鳥だけに、スキンシップ禁止は寂しいものですが、
今後も長生きしてほしいので封印致します。

[PR]
by nezumifour | 2008-04-20 16:01 | その他 | Comments(0)

上等な上棟式

天気に恵まれまして、無事に上棟式を行うことが出来ました。
全面道路幅員は4.0mでした。クレーンを使わずに
人力で野地板まで貼ってこの日を終えました。
チームワークの良い大工さん
そこに、日頃とは違う動きをして
へとへとに疲れていた監督さん二名
皆さんお疲れ様でした。

私はといいますと、
お施主様との打合せが殆ど終わってしまい
なんとなく、寂しくもありました。

しかし、これからが本番。
図面で書かれた平面的な家づくりが、
立体となって完成するのは6月下旬です。
「几帳面な家づくり」
今後ともよろしく御願いいたします。
d0013610_142919.jpg

▲チームワークの良い大工さん達
d0013610_1422127.jpg

▲「へいごし」:上棟の印
d0013610_1423411.jpg

▲リビングの梁:化粧梁になります。
[PR]
by nezumifour | 2008-04-18 14:02 | 几帳面な家づくり | Comments(0)

成就「海野宿」拝見!

先日、念願の「海野宿(うんのじゅく)」に行ってきました。
d0013610_1482812.jpg

古い町並みが好きで、これまで白川郷や倉敷
京都の美山、千葉の佐原、福井県大野市などを見てきました。

海野宿は、佐伯チズさん案内の旅行番組で知りました。

正倉院に海野宿の献上品が残っているほど昔(奈良時代)から
栄えていた地域だそうです。
建築的見所は、
長短二種類の長さの材を使用した、海野格子
ウダツ(防災対策と権力の証!)
出桁造り(出窓のイメージ)
気抜き(今で言うトップライト)
しかと、拝見してきました。
d0013610_148457.jpg


d0013610_149353.jpg

               ▲リフォーム途中の様子(継ぎ手は「金輪継」?)
宿場が廃止された明治時代からは養蚕も盛んだったそうです。

衣食住で「住」の次は「衣」でも、新たな発見がありました。
生糸のごわごわを取ることを「練る」というそうですが
反物を作る前に練ったものを「繻子(しゅす)」「綸子(りんず)」
反物にしてから練るものを「羽二重」「ちりめん」、
そのごわごわのままで織ったものを「紬」というそうです。
単語は知っていたものの、違いは知りませんでしたので
勉強になりました。

[PR]
by nezumifour | 2008-04-14 14:09 | めじろ台の家づくり | Comments(0)

配筋検査「無事に終了!」

先日、第三者検査機関「JIO」の配筋検査が無事に終了いたしました。

「JIO」の研修生が、研修をするのに当現場を選ばれたようで
熱心に、学ばれていました。

検査員にも研修生にも綿密に検査されての合格です。
お客様にも当社の基礎の施工精度を安心していただけたかと思います。


d0013610_1029552.jpg

[PR]
by nezumifour | 2008-04-10 10:34 | 几帳面な家づくり | Comments(0)

地サイダー

先日、温泉で飲んだ「サイダー」です。
神奈川県の地ソーダーと北アルプスの水で作った地サイダー。
飲み比べたところ、前者は「甘い」の一言。
後者は「水の美味しさを引き立てている、上品なサイダー」と
言ったところでしょうか。

年配者は、「懐かしい味」と感じるらしいのですが、
私は、おやつは「パンか煎餅と牛乳」で育った為、
懐かしくもなんとも有りません。

こんな、地サイダーのHPもありました。

d0013610_933868.jpg
d0013610_933185.jpg

[PR]
by nezumifour | 2008-04-04 09:35 | 私の好きな食べ物 | Comments(2)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧