<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エコウィル VS エコキュート

月曜日夜から鼻水が止まらず、とうとう花粉症が・・・
と思ったら、熱が出て昨日は会社を早退しました。
本日は、頭の中が朦朧(もうろう)としながらも出社。
 
日本での二酸化炭素排出量内訳の約13%が家庭部門によるものですが、
それがここ数年で増加傾向にあるようです。
数年前に比較して、省エネへの関心度は上がっているはずなのに
不思議に思いませんか?

そこで、 エコウィル VS エコキュート ですが・・・

1環境貢献度
CO2発生量の比較

機器自体は、どちらもCO2発生量削減をしているものの、
発電機能を持たないエコキュート(電気)の場合は
発電所から家庭までのCO2発生量も考慮しなければなりません。


日本では何年も前から低コストで手に入る石炭発電所が増加しています。
エコウィルが発電する際に必要とするエネルギーは、天然ガスですが、
石炭発電所が増加していることも考えていく必要がありそうです。
石炭を100としたときのCO2排出量を比較すると
石炭   100
石油    80
天然ガス 60

NOX排出量も比較すると
石炭   100
石油    70
天然ガス 20~40

SOX排出量も比較すると
石炭   100
石油    70
天然ガス  0
(エコウィルのパンフレット参照)

パンフレットの情報だけで地球温暖化に貢献できるか判断することは
難しいようですね。
[PR]
by nezumifour | 2007-02-28 18:17 | Comments(0)

エコウィル(ガス) VS エコキュート(電気)

エコウィル(ガス) VS エコキュート(電気)の実機体験会に参加してきました。

基本的には、上記二つを比較は出来ないとの事。
なぜなら、
エコウィルは給湯機能の機能を持ちつつ発電や床暖房をする設備です。
エコキュートは給湯器です。
エコキュートも従来は、床暖房機能を持っていたらしいのですが、
給湯機能が下がるため、床暖房機能を止めつつあるようです。

今回の体験会でこの二つの設備を比較するためのポイントを自分なりに考えて見ました。

1 環境貢献度
CO2発生量の比較

2 コスト
イニシャルコストとランニングコストと補助金額

3 機能・使い易さ・利点と欠点

それぞれの比較をおいおいブログにて紹介したいと思います。
本日はこれまで・・・
[PR]
by nezumifour | 2007-02-24 11:40 | Comments(0)

苦情

勤務時間の六割は一人で仕事をしています。
約14坪ほどの小さな部屋ですが、自称「省エネ!」
と、部屋の照明は自分の机の周囲だけつけ、
暖房は足元ヒーターだけで仕事(頭寒足熱)をしていたところ・・・
「帰って来たときに寒い!」と同僚から苦情を受けました。
省エネも度が過ぎると他人に迷惑がかかるようです・・・(笑)

お気をつけ下さいっ
[PR]
by nezumifour | 2007-02-18 10:02 | Comments(1)

決して暇ではないのですが・・・

決して暇ではないのですが・・・
夜更かししてこんな袋を手縫いしました。
ヒントは夏にお会いした「タクさん」が身に着けていた腰?ポーチです。
財布・携帯・ハンカチ・テイシュ・単行本が入ります。
荷物の重さで、口が閉まるので物が飛び出しません。

海外旅行でのポーチ代わりに役立つかも?
このポーチにパスポートや財布を入れて、上からコートを着れば防犯にもなります!



d0013610_13235529.jpg


d0013610_1324750.jpg

[PR]
by nezumifour | 2007-02-10 13:14 | Comments(3)

早速・・・

ドイツに住む友人に、ドイツでの環境への取り組みを聞いてみました。

Aさんより
「空きペットボトルを店に持っていくと
一本10~20セントくらいで次の買い物をするときに還元してくれるので
得した気分!ジュースの中身だけを買う感覚

でも一方で、資源節約のために高速道路の制限速度や
排気ガス規制が出るたびに、国内の大手自動車会社からストップがかかる」


Bさんより
「ただ単にケチなのかと思うことがある。包装がシンプル
スーパーの袋を買うのは当たり前。チラシが少ない。
水を大切に使うようです。洗濯は週に一回
お風呂も毎日は入らないとか・・・。」

10年ほど前になりますが、私がヨーロッパを旅行したときは
ペットボトルのプラスチックの厚みの薄さに驚きました。
片手で握れば潰れてしまうほどの薄さです。
またスーパーの袋も薄く、日本で使うサッカ台に置いてある
汁物を入れる小さいビニール袋と同じくらいの薄さでした。
ビニール袋より紙袋を使う習慣もあるようです。
パンや果物は殆ど紙袋に入れて買い物をした記憶があります。

環境問題は国や企業が対策を練っていますが、
個人でも日頃の生活から対策できる事はないか
考えながら生活することが大切かなと思っています。
[PR]
by nezumifour | 2007-02-06 18:42 | Comments(0)

面白いものを入手しました。

写真は「宝船」 円山応挙 筆です。
これは、江戸時代から続く木版刷

世の中に宝船の画は多いけれども、それには七福神が書かれていることが多いようです。
これには、七福神は無くその持ち物の宝のみが描かれています。

節分の夜にこの宝船を枕の下に敷いて
下の句を前後三遍(上から下から読んでも同じ句)となえると
その一年「福」が訪れるという言い伝えがあるそうです。

ながきよのとをのねふりのみなめさめ
なみのりふねのおとのよきかな

信じるものは救われる!?

d0013610_138375.jpg

[PR]
by nezumifour | 2007-02-02 13:08 | Comments(2)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧