<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私の好きなおせっかい

先日25日に武蔵村山の養護施設のクリスマスパーティーに参加してきました。
養護施設の方々は、ダウン症より更に重度の障害をもった人たちでした。
全員車椅子に乗り、言葉を発することなく、表情もなく、どこをみているかもわからない・・・
最初に皆さんを見たときは、複雑な心境になり、涙がこぼれてきてしまいました。

そのような方々のクリスマスパーティーに何をしに行ったかというと、
ラテン音楽に合わせて障害者と一緒に体を動かすという企画にスタッフとして参加しました。
日ごろ、介護に慣れていないので、この日は、何をすれば良いか全くわからず、、車椅子を動かしたり、体をリズムに合わせてさすったりするだけで精一杯でした。

私は、ラテン音楽好きで、どんなに疲れていても、どんなに悲しいときも、ラテン音楽を聴くと自然に平常心をとりもどす、不思議な魔力に取り付かれています。
その魔力が障害者の方々にも届いたのか、なんとなくですが、皆さんから笑顔を感じました。
たいしたことをしたわけではありませんが、笑顔を見たときはものすごく嬉しかった!

この笑顔はクリスマスの素敵なプレゼントになりました!

追伸:当社は12月29日から1月5日まで冬期休暇とさせていただきます。
1月7日から通常営業いたします。
どうぞよろしくお願いいたします
[PR]
by nezumifour | 2005-12-29 10:36 | Comments(1)

私の好きな食事

本日の昼ごはんです。
会社にあった土鍋に、100円均一ショップで買った
(正確には当社社長が買いました。ご馳走様です)
葱、ニンジン、卵をいれて、麺を入れる。
調理時間5分。お土産に戴いた韓国のりを乗せると
結構おいしそう!
d0013610_13392047.jpg

「いただきます」と箸を取り上げたとたんに、
電話がかかってきました。
「ラーメン ノビチャウ!(怒)」


12~13時は普通の会社はランチタイムです。
お昼も仕事・・・仕事熱心と言いたいところですが、
午後の仕事を、充実させるためにも休むときは休む
仕事するときは仕事する 
メリハリをつけるのが、わたしの仕事法です。
[PR]
by nezumifour | 2005-12-21 13:13 | Comments(1)

私の好きな家

OM多摩会議に行ってきました(といっても先週7日の話です)。
この会議は、多摩地区のOM会員工務店が集まるのですが、事実上日本でトップクラスの会員工務店の集まりです。
大勢集まる経営者の中で、紅一点!?小さくなっているのですが、
日頃の従業員の目線ではなく、経営者の中で家づくりの話し合いをする事は、勉強になります。

今回は、西所沢に出来たソーラータウンで会議がありました。
この会議では、技術を企業秘密だと隠す事なく、よい物は皆で普及させようと考えています。
ソーラータウンの家には、マイナスイオンが発生する仕組みになっています。
当社で床下に塗る防蟻材(ヘルスコ・キュアー)に、室内用のヘルスコートを塗り、屋外にアダプターを地中埋設します。アダプターが、地中から電子を溜めて屋内に運ぶ・・・といったしくみです(アーテック工房が製造するIcasの家)。
マイナスイオンの出る部屋に二時間いると、血液はサラサラ、血糖値は下がり、血圧も下がる。
寝室に付けて、寝ている間に健康体にはなるのですが・・・自邸に付けたいかと考えると・・・。
私は、食事で健康管理することにします。
[PR]
by nezumifour | 2005-12-13 20:01 | Comments(1)

私の好きな家

写真は当社忘年会の食事です。
首を左右に小刻みに振ってください。
トラフグの肉がまだ、動いているでしょう?
その位、新鮮なフグのフルコースを食べてきました。

d0013610_1834924.jpg


今年の反省と来年の抱負
細身のI君
「現場にも慣れてきたし、来年は営業もできる監督になるゾ。」

三児のパパM氏
「・・・」

人並以上の体力を持つY君
「お客様に喜ばれる家つくりをこれまで以上に取り組みます」

少女A
「設計業務をこなすだけでなく、攻めの営業で多摩地区のブランド会社を目指すゾ!
家づくりには、これまで以上に心を込めて!」
[PR]
by nezumifour | 2005-12-05 18:04 | Comments(2)

私の好きな家

先日、「太陽光発電」をテーマにしたプロジェクトXを観ました。
当社で、現在OM+太陽光発電の家づくりをしているのもあって、
グッドタイミングな番組でした。
オイルショックの影響を受けて、「世のため人のため」に考えられた技術は、太陽光パネルをつかった発電装置でした・・・。
技術の進歩だけでなく、技術者の研究熱心さ、根性に感激しました。

プロジェクトX後、今度はニュースで「構造計算偽造事件」・・・
「世のため人のため」には全く考えられていない、技術者のニュースでした。
「上からの圧力がかかって、偽造をしてしまった」・・・?
技術者として、断る勇気はなかったのでしょうか。
地震時には大勢の人命問題にもなる建物の設計で、「NO」と言えなかった理由があるのでしょうか?

この事件は、責任がどこにあるのかわかりにくくなっています。
行政責任では、建築士制度や確認申請業務の見直しを見当しているという。
本当に、制度や業務を見直しすることで、今後このような問題はなくなるのだろうか?

私は、むしろ人間のモラルの問題であって、技術者としての根性、魂に欠けているのではと感じました。
プロジェクトXの太陽光発電の番組で、感激したはずが、その後のニュースで今度は日本の社会が心配になってきました。
モラルのない大人が増えている日本で、その大人に育てられた子供たちは、どう育ってしまうのか?
そんなことまで気になってしまいました。
考えすぎ?
[PR]
by nezumifour | 2005-12-01 19:19 | Comments(2)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧