カテゴリ:私の好きな人( 6 )

主婦の鏡

知人の「主婦の鏡」に、糠とそれに適量の塩を戴きました。

知人は、三度の食事に手抜きをせず
常に、出汁をとって煮物や味噌汁、汁系統を作ります。
私は以前に、「ホヤ」の調理の仕方を習ったこともあります。

「今から遊びに行きます!」と到着20分前に電話して
突然伺っても、いつも家の中が奇麗です。

サッシの桟も月に一回だったか、掃除しているそうです。

真似はそうそう出来ないので、「主婦の鏡」として
尊敬しています。

知人に戴いた「糠」と「塩」に、「ビール」を入れて
混ぜるだけ。
d0013610_8571574.jpg


ビールの匂いに誘われて糠ではなく、
自分の口に入れたくなりましたが
そこはグッと我慢の子。
今は、糠床が醗酵しやすい良い時期だそうです。
糠床を熟成させる為に、水気の多い
キャベツを捨て漬け!?するそうですが、
せっかちな私は、食べたいもの(キュウリ・人参・大根)を
漬けました。

私色の糠みそが出来るのが、待ち遠しいです!


d0013610_859288.jpg

[PR]
by nezumifour | 2008-03-24 08:57 | 私の好きな人 | Comments(2)

花・花   

2年前にOMソーラーハウス+太陽光発電の家を
建てたお客様から、お花を頂戴しました。

d0013610_1319254.jpg


ガーベラ・チューリップ・スイトピー・バラ・・・

一緒に家づくりを、特に収納にこだわって
試行錯誤した日が懐かしいです。

心より、お礼を申し上げます。

[PR]
by nezumifour | 2008-02-29 13:19 | 私の好きな人 | Comments(4)

建築家 藤井 厚二 

年末から探していた建築家
「藤井 厚二」氏の特集を見つけましたぁ!!!

INAX REPORT 2008年no173
特集1 生き続ける建築
d0013610_17501626.jpg


情報化社会という現代なのに、
インターネットで探してもあまり情報の無い
藤井さん特集は、嬉しいものでした。
早速、熟読。

造り付けのソファとなりに、地袋を持った床の間。
洋風家具のある食事室に障子。
革張りの腰掛のコーナー部分には違い棚に似た小さな飾り棚。
和洋が一体化したデザインは今で言う、モダン和風。
ますます「聴竹居」を見学したくなりました。

「・・・その国の建築を代表するものは住宅建築である・・・」

と主張する藤井氏の言葉に感動。
自分が、建築の、中でも住宅に興味を持てたことを
嬉しく思いました。

[PR]
by nezumifour | 2008-02-09 17:52 | 私の好きな人 | Comments(0)

壷は 肘と膝と拇指きゅう に有り

グランプリ・シリーズが始まりました。
どの選手が好きというのはないのですが、
伊藤みどりさんが活躍していた頃からの
フィギュアファンです。

今回は安藤美姫選手の肘の使い方に
興味がありました。
トリノオリンピック以来、コーチをニコライ・モロゾフ氏に
変えての練習でしたが、コーチに「肘を使うように」と
指導されていたそうです。

肘の扱いには、私も興味があります。

気分転換に南米の踊りを踊ることがあるのですが、
肘を使うと優雅に見えます。
また、茶道でも肘を使って作法すると安定感が出るようです。
指揮者も肘でタクトを振っているなぁと

上半身の優雅さの壷は肘にあり!

そして、下半身は膝と拇指きゅう(親指の付け根)にありと思っています。
中学でバレーボール部、高校大学でバスケットボール部に
所属していましたが、膝を使った動きを練習しました。
またまた、ダンスのターンでは、拇指きゅうに重心を乗せています。
スキーでは膝の動きと拇指きゅうに集中!

肘、膝、拇指きゅうがスポーツの壷???
なんて、思ったりしています。
いかがでしょうか?

明日はフリーの演技です。
安藤選手はショートでは二位で終わりましたが、
明日は一位目指して頑張って欲しいです!
[PR]
by nezumifour | 2007-10-29 00:56 | 私の好きな人 | Comments(0)

私の好きな人

お客様に、お手製の靴べらと耳かきを戴きました。
靴べらは、オークの木で作ったもので
もともと、ウイスキーの樽だったことから、
流線型が美しいものになっております。

耳かきは、黒檀とのこと。
耳かきをするのがもったいない様な作品です。

素敵な贈り物をありがとうございました。
d0013610_10343462.jpg


d0013610_10344753.jpg

[PR]
by nezumifour | 2007-06-23 10:38 | 私の好きな人 | Comments(0)

私の好きな人

生まれて二度目、席を譲っていただきました!
一度目は、20代の時、武蔵野線で、立ったまま熟睡していたところを
おばあ様に「席変わりますよ」と言われました。
よっぽど疲れたお顔をしていたのでしょうか・・・
けれどもおばあ様を差し置いて自分が座るなんて・・・とその時は
お礼を言って、丁重にお断りいたしました。

今はまだ(もう?)30代!
今回は、高校生に席を譲っていただきました。
大きな紙袋を三つも持っていたから?
和装だったから年配に見えた?
疲れが顔に出ていたから?

いずれにせよ、その高校生は、
とても心の優しい少年なんだと嬉しく思いました。
老人でもなく、妊婦でもない。
優先的に座る理由なんてありませんでしたが
重い荷物を持った、疲れた人に、席を譲ろうという
優しい少年の気持ちに感謝して、
今回は座らせていただきました。

こんなに素敵な心を持った少年もいるのだなと
嬉しい一日の締めくくりとなりました。
[PR]
by nezumifour | 2007-06-17 23:18 | 私の好きな人 | Comments(1)

普通の生活をしながら、ちょっと気になるものがあれば紹介します。


by nezumifour
プロフィールを見る
画像一覧